門前の小僧、『維摩経』を読む  維摩会(春秋館)で参禅ライフ21

仏と菩薩と聖声聞と独覚との過去現在未来のすべてに礼拝し奉ります。

新年明けましておめでとうございます。

今年も『維摩経』第二章の「方便品」を、ご一緒に読んでいきましょう。

 

仏の威儀に住して、心(こころ)大なること海の如し。

諸仏ほめたたえ、弟子・釈・梵・世主の敬う所なり。

人を度せんと欲するが故に善方便を以て毘耶離に居す。

資材無量にして諸の貧民を摂し、奉戒清浄にして諸の毀禁(きこん)を摂し、忍調の行を以て諸の恚怒(いぬ)を摂し、大精進を以て諸の懈怠を摂し、一心禅寂にして諸の乱意を摂し、決定の意を以て諸の無智を摂す。

白衣為りといえども沙門清浄の律行を奉持し、居家に処すといえども三界に著せず、妻子有ることを示せども常に梵行を修し、眷属有ることを現ずれども常に遠離を楽(ねが)い、宝の飾を服くといえども而も相好を以て身を厳り、また飲食すといえども而も禅悦を以て味となす。

 

ここでは維摩居士の素晴らしさが述べられています。

心は海のように広大。

多くの財産を持つが、貧しい人に分けてやり、

ならず者や怠惰な者たちに仏道を説く。

俗世に生き、家族や財物もあるけれど、それらに執着しないのが

維摩居士であると述べられています。

「懈怠(けだい)」とは仏教用語仏道修行に励まないことや怠りなまけることを意味します。懈怠は六大煩悩の一つ、あるいは二十随煩悩の一つとして数えられております。

 

参考資料:ブリタニカ国際大百科事典

スジャータの村(筆者撮影)

 

門前の小僧、『維摩経』を読む  維摩会(春秋館)で参禅ライフ20

仏と菩薩と聖声聞と独覚との過去現在未来のすべてに礼拝し奉ります。

それでは、今回から第二章の「方便品」を、ご一緒に読んでいきましょう。

 

爾(そ)の時、毘耶離の大城(まち)の中に長者あり、維摩詰(ゆいまきつ)と名く。すでに曾て無量の諸仏を供養して深く善本を植え、無生忍を得て、弁才無礙なり。神通に遊戯して諸の総持におよび、無所畏を獲て魔の労怨(わざわい)を降し、深法門に入り、智度に善くして方便に通達す。大願成就して、衆生の心のねがいを明らかにし、又能く諸根の利鈍を分別す。久しく仏道に於て心已に純淑(もっぱら)にして、大乗を決定し、諸有(あらゆる)所作をなさんとして、よく思量す。

 

「毘耶離」とはヴァイシャーリーという街の名前です。

この地は、釈尊御在世の時代、ガンジス河北岸に栄えた国でした。

現在、ヴァイシャーリーで有名な遺跡が、下の写真の僧院跡の遺跡です。

 さて、ここでようやく『維摩経』の主人公・維摩尊者が登場します。

維摩尊者は、古代インドの富豪で、お釈迦様の在家の弟子となったと

いわれています。

サンスクリット語では「ヴィマラキールティ」という名で、

ヴィマラとは「清らかな」「清浄」という意味、

キールティは「ほまれ」という意味です。

維摩尊者は、「塵芥の中で清浄に生きる在家修行者」の姿を

象徴的に描いた存在といえます。

ヴァイシャーリーにある遺跡(筆者撮影)



 

参考資料:維摩会ホームページ

門前の小僧、『維摩経』を読む  維摩会(春秋館)で参禅ライフ19

仏と菩薩と聖声聞と独覚との過去現在未来のすべてに礼拝し奉ります。

それでは、一章の「仏国品」の続きを、ご一緒に読んでいきましょう。

 

一切の大衆、未曾有なりと歎じつ、而も皆、自ら宝の蓮華に坐せるを見たり。仏舎利弗に告げたまわく、「汝且(しば)らく是の仏土の厳浄なるを観たるや」と。

舎利弗言さく、「唯(いい)、然り、世尊、かくのごときは本(もと)見ざる所、本(もと)聞かざる所なるを、今仏国土の厳浄悉く現ぜり」

仏舎利弗に語りたまわく、「我が仏国土の、常に浄きことかくのごとし、ただ斯の下劣の人を度せんと欲するが為の故に、是の衆悪不浄の土を示すのみ。たとえば諸天の宝器を共にして食するも、其の福徳に随いて飯色に異あるが如し。是の如く舎利弗、若し人心浄ければ便ち此の土の功徳荘厳を見るべし」と。

仏此の国土の厳浄を現したもう時に当って、宝積の将いる所の五百の長者の子、皆無生法忍を得、八万四千の人皆阿褥多羅三窺三菩提心を発せり。仏神足を摂(おさ)めたまえば、是に於て世界還復すること故の如し。

声聞乗を求むる三万二千の天及び人、有為の法は皆悉く無常なりと知って、塵(けがれ)を遠ざかり垢(よごれ)より離れ、法眼浄を得たり。

八千の比丘は諸法を受けず、漏(けがれ)尽きて意(こころ)解(さと)りき。

 

今回で、いよいよ「仏国品第一」のクライマックスを迎えます。

舎利弗尊者は、「なぜ仏国土なのに、汚れているのか?」と

疑問を持ちました。

それに対して、釈尊は「素質の劣った人たちを救うために、

多くの悪に満ちた不浄のこの国土を示現しているに過ぎない

例えば、諸々の天人が一つの宝器で共に食事をしても、

彼らがそれぞれの福徳に従って、ご飯の色がそれぞれの天人によって、

異なるように見えるようなものである。

このように、もしも人の心が清ければ、

この国土が素晴らしく飾られているのを見る」と仰ったのです。

 

その人の持つ徳の高低によって、世界の見え方が変わるということでしょう。

「心清ければ、即ち仏国土清し」とは、まさに心次第ですべてが変わる

ということではないかと思います。

次回から、「方便品第二」を読んでまいりましょう。

ペットボトルのゴミ(インドにて 筆者撮影)

 

門前の小僧、『維摩経』を読む  維摩会(春秋館)で参禅ライフ18

仏と菩薩と聖声聞と独覚との過去現在未来のすべてに礼拝し奉ります。

それでは、一章の「仏国品」の続きを、ご一緒に読んでいきましょう。

 

舎利弗よ、衆生の罪の故に如来の仏土の厳浄なるを見ざるまでにて、如来の咎には非ざるなり。舎利弗よ、衆生の罪の故に如来の仏土の厳浄なるを見ざるまでにて、如来の咎には非ざるなり。舎利弗よ、我がこの土は浄けれども、而も汝は見ざるなり」と。

爾の時、螺けい梵王、舎利弟に語るらく、「この意を作して、此の仏土をおもうて似て不浄たりと為すことなかれ。所以何となれば、我れ釈迦牟尼仏の土の清浄なるを見ること、たとえば自在天宮の如し」と。

舎利弗言く、「我れ此の土を見るに、丘陵・坑坎・いばら・小石・土石・諸山・あくたも満たされたり」と。

螺けい梵言く、「仁者心に高下有りて仏の慧に依らざるが故に、此の土を見て不浄たりと為すのみ。舎利弗、菩薩は一切衆生に於て悉くみな平等にして、深心清浄なり。仏の智慧に依れば、則ち能く此の仏土の清浄なるを見るべし」と。

ここに於て仏、足の指を以て地をおしたもうに、即時に三千大千世界、若干百千の珍宝をもて飾らるること、たとえば宝荘厳仏の無量功徳宝荘厳土の如し。

 

「三千大千世界」とは、仏教の世界観による広大無辺の世界を指します。

須弥山を中心に日・月・四大州・六欲天梵天などを含む世界を「一世界」とし、

これが千集まったものを「小千世界」といいます。

「小千世界」が千集まったものを「中千世界」といいます。

「中千世界」が千集まったものを「大千世界」といい、

これらを総括した世界を「三千大千世界」といいます。

(参考資料:小学館デジタル大辞泉

スジャータ村(セーナ村)のストゥーパ(筆者撮影)

 

門前の小僧、『維摩経』を読む  維摩会(春秋館)で参禅ライフ17

仏と菩薩と聖声聞と独覚との過去現在未来のすべてに礼拝し奉ります。

それでは、一章の「仏国品」の続きを、ご一緒に読んでいきましょう。

 

是の故に宝積、もし菩薩浄土を得んと欲せば当に其の心を浄くすべし。其の心の浄きに随いて則ち仏土も浄かるべし」と。

その時、舎利弗、仏の威神を承けて是の念を作さく、「若し菩薩、心浄ければ則ち仏土浄しとせば、我が世尊もと菩薩たりし時、意あに浄からざらむや、而も是の仏土の不浄たること比のごとくなるや」と。

仏其の念を知りたまい、即ち之に告げて言わく、「意に於て云何、日月あに不浄たらんや、而も盲者は見ざるなり」と。

こたえて曰く、「不なり、世尊。是れ盲者の過にして、日月の咎には非ざるなり」と。

 

ここで、舎利弗尊者が登場します。

舎利弗尊者(シャーリプトラ尊者)は「釈迦十大弟子」の一人で、

釈尊の第一のお弟子さんです。

マガダ国のバラモンの家の生まれで、若いころから学問に

優れていたといいます。

十大弟子のなかでも、舎利弗尊者は智慧第一、目連尊者は神通第一と

称されました。ふたりは親友でした。

「のちに大乗仏教がおこり種々の大乗経典がつくられた際、

舎利弗は部派仏教(いわゆる小乗)の代表として、

しばしば引用されている」(日本大百科全書ニッポニカの解説)と

ありますが、この『維摩経』でも、そのような立場として

舎利弗尊者が登場しています。

釈尊が6年間の苦行をされた前正覚山(筆者撮影)



 

門前の小僧、『維摩経』を読む  維摩会(春秋館)で参禅ライフ16

仏と菩薩と聖声聞と独覚との過去現在未来のすべてに礼拝し奉ります。

それでは、一章の「仏国品」の続きを、ご一緒に読んでいきましょう。

十善は是れ菩薩の浄土なり。菩薩成仏の時、命中夭(わかじに)せず、大富にして、梵行し、言う所誠諦にして、常におだやかなる語を以てし、眷属離れずよく争いを和し、言必ず饒益し、妬まず、怒らず、正見の衆生来って其の国に生ぜん。

是の如く宝積、菩薩其の直心に随いて則ち能く行を発し、其の発行に随いて則ち深心を得、其の深心に随いて則ち意調伏し、意の調伏に随いて即ち説の如く行し、説の如く行ずるに随いて則ち能く廻向し、其の廻向に随いて則ち方便有り、其の方便に随いて則ち衆生を成就し、衆生を成就するに随いて副ち仏土浄く、浄土の浄きに随いて即ち説法浄く、説法の浄きに随いて則ち智慧浄く、智慧の浄きに随いて則ち其の心浄く、其の心の浄きに随いて則ち一切の功徳浄し。

「十善」とは、不殺生・不偸盗・不邪淫・不妄語(ウソをつかないこと)・

不両舌(人を仲違いをさせるようなことを言わない)・不悪口・不綺語

(人心を惑わすような言葉を言わない、人のご機嫌をとって気に入られるために

お世辞を言わない)・不貪欲・不瞋恚・不邪見のことで、

十善戒(十の項目よりなる善なる戒め)ともいいます

十悪を犯さないよう、気を付けたいものです。

 

スジャータの村(筆者撮影)

門前の小僧、『維摩経』を読む  維摩会(春秋館)で参禅ライフ15

仏と菩薩と聖声聞と独覚との過去現在未来のすべてに礼拝し奉ります。

それでは、一章の「仏国品」の続きを、ご一緒に読んでいきましょう。

 

廻向心は是れ菩薩の浄土なり。菩薩成仏の時、一切に功徳を具足せる国土を得ん。

八難を除くを説くは、是れ菩薩の浄土なり。菩薩成仏の時、国土に三悪八難有ること無からん。自ら戒行を守りて彼のたりなさを譏らざるは、是れ菩薩の浄土なり。菩薩成仏の時、国土に犯禁の名有ること無からん。

 

「八難」とは、仏道修行の妨げとなる八つの困難をいいます。

お釈迦様に会って教えを聞く機会のない ①地獄、②餓鬼、③畜生の状態。

快楽にふけるのみの④長寿天、⑤辺地(阿弥陀仏の本願を疑いながら

極楽往生を願った者の生まれる所。極楽浄土の辺界の地の状態)、

⑥ 盲聾唖であること、⑦よこしまな見解をもつこと、

仏陀が世に現れていない時を指します。

「精選版 日本国語大辞典」などを参考資料としました。

ラージキールのマンゴー園(筆者撮影)